稲刈りでクローラー故障

稲刈り中柔らかい田んぼで切り返してたらハマった。

脱出しようと悪戦苦闘してたらクローラーがちぎれた。どうしようも無くなって修理を依頼。

無事脱出。クローラー一本10万と高く付いた稲刈りでした。

バッテリー膨張

監視カメラ代わりに使ってたZenfone2。

よく見ると何か形が違う。てか膨らんでる。ほっとくと爆発しちゃうんじゃないかと思い分解することに。

ネジを外しただけでこの浮き。

なんだかんだでバッテリー取りはずし完了。両面テープが強力だった事以外は特にむずかしい所はなかった。

パンパンのバッテリーを交換するか検討中。

ミラバン 荷室に板を

ミラバンの荷室は結構広い。この前100サイズの段ボール箱15個積んで郵便局まで行ってきた。

ただスペアタイヤのあるスペースの上にはペラペラの板が置いてあるだけで重い物を積むと割れそう。

なので補強しようかと。

とりあえずホームセンターでコンパネ購入

ダンボールで型を取って切り出し。

曲がってる所は普通のノコギリじゃあ切れないので角に穴をあけて細いノコギリで切ってくことに。

ピッタリにしたかったのでちょっと大きめに切ってから削っていこうかと。一通り切り終わったのであてがってみようかと荷室へ。

が、斜めにしても引っ掛かって後ろからじゃ入らない。試行錯誤の末運転席側からどうにか入った。

左右のタイヤハウスが難所。ここをカーブに合わせてきちんと切り抜きたい。ちょっと大きく切りすぎたのと板の出し入れが困難なのは想定外。載せたままカンナか何かで削るか一旦取り出して型紙を信じて切り直すか悩みどころ。

結局何回も出し入れして当たってるところをノコで切ったりカンナで削ったりして一応完成。走ってて音がするようなら更に当たってるところを削って下に緩衝材を敷こうかと。

上にシート被せると全く見えない。完全な自己満足工作でした。

隣家の爺さんが野良猫に餌をやってるせいで家にもよく猫が入ってくる。

二年前くらいの写真。その中で黒猫と白虎の夫婦が家の庭を縄張りにしてるらしく、今年も家の倉庫に子猫を産んでた。

倉庫の二階の一番奥の部屋にたまたま入ったら猫がいてびっくり。以前ここに子猫を産んだことがあったのでひょっとして、、と思ったが、夜だったし母に言うと子猫を回収して捨ててこいって言いかねないのでその日は見て見ぬふり。

数日後、親猫が子猫をくわえて梁を渡ってるのを目撃。

何処に連れてくのか見てたら外にあるトイレの屋根裏に入ってった。

次の日、トイレの壁の中から子猫の鳴き声がする。

ほおって置いたら絶対死んじゃうのでなんとかしなきゃと。声がするあたりの壁を壊してみたが猫がいない。何かもっと奥から聞こえる。

45センチくらいの間隔で柱が立っててその奥にいるらしい。

結局内側から壁を切り抜いて救出。作業中に親猫が心配そうに見てたけど救出時には何処かへ行っちゃってた。

超元気。母が隣家へ苦情がてら連れていき、これで一件落着かと思ったが、梁の上でみた黒猫がいない。

屋根裏にまだいるのかと隙間から写真を取ってみたが見当たらない。

屋根裏の壁は隙間だらけ。何処かに落ちてるのかもしれないと思いつつその日は放置。

翌日 朝出かけるときにまた鳴き声が聞こえて来た。

今度は父が壁を外して救出したそう。

親猫を探してたら別の子猫二匹と共に発見。

この戸棚の上に。。。

いた。

めっちゃにらまれた。

翌日にその戸棚から鳴き声(泣き声)が。しかしハシゴをかけて登ってみると、一匹しかいない

向かって左上にいたはずなのに右下から鳴き声がする。白っぽいのが今度は戸棚の裏に落ちてるっぽい。バールでめっちゃ重い戸棚を少しずらして横から覗いたら

筋交いに挟まってた。下から持ち上げたら体が抜けたので一匹は救出できた。こっそり隣家ヘリリース。

上にいる黒猫を保護しようとハシゴを登ったら奥に逃げてまた落ちそうになってる

手を最大限伸ばしてスマホで隙間の写真を撮ってみたらこの状態。

どうにもならないので白っぽいのがいた隙間から上向きに写真撮ってみた。

一番遠いとこに何かいる。こうなったら戸棚を本格的に引っ張り出すしかないと周辺の荷物を片付けてふたたび覗いてみると、引っかかってるはずの子猫がいない。

戸棚の上に自力で這い上がって来てた。逃げようとするところをむりやり捕獲。

今回は四匹とも何処かに挟まったり落っこちてたりと前途多難な奴らだ。

昨日、家の庭で遊んでるのを目撃。母が花を植えたばかりの鉢植えで昼寝してたり、変な所でウンチしてたりともうブチ切れ。

自分的には見てると和むので母の逆鱗に触れないよう気をつけて育って欲しい。

今日(8/25) 庭で

親子を確認。

ミラバン タコメーター付きメーター

MTなのにタコメーターが無いのはなんか寂しい。

調べてみるとムーブのメーターがどうやらほぼ同じ様に使えるらしい。そこでちょっと前からヤフオクで探してたが、今回で比較的安いのが落札できたのでやってみた。

画像は拾いもの

ぱっと見デザインは似てる。付け替えるだけなら簡単。

元々のやつ。

めくってみたところ。コネクタを刺すとこは同じ。

ただ取付の爪の場所が違う。元のは左右下と上中央だけどムーブのは左右中央に二つで上なし。左右中央のを削って左右下だけで固定する。

あとオートマ用のだったのでメーター下部に

メーターを交換する上で一番の問題は走行距離が変わってしまう事。そのまま付け替えても面白くないので巻き戻してみることにした。

まあ中古で売ることもないだろうし改造するにしても落札したモノだから壊れたら元のに戻せばいいかと。

とりあえずバラしてみた。

画像は拾いもの。

ドラムの軸がプラスチックを溶かして付けてある。溶かして外さないとコマが動かせない。もとに戻しても溶かした跡が残るので悪用できない仕組みらしい。

画像は拾いもの

まあそんなこと関係ないので半田ごてを当ててプラを溶かして外した。

軸の両側に留め具があるのでそれを緩めるとドラムが回る。ドラムの中にオレンジの歯車が入ってて桁が変わるときに動くので、力ずくでドラム動かして回すと壊れるかも。

なんとか元の走行距離と同じくらいにセットしてはめ込み直し。

あとオートマ用だったのでメーター下のインジケータ中央にギア位置を表示する窓が付いてる。

画像は拾いもの

元のと入れ替えた。組み込んでランプ点灯チェック

画像は拾いもの

上の画像のようにエアバッグの警告灯がつきっぱなしになる。仕方ないので裏からその場所のLEDを外しておいた。

ひとまず完成。今度実際に走ってみて挙動をみる予定。

rakuten

プロフィール

排骨

Author:排骨
自力で何とかする。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Rakuten
Amazon