ミラバン タコメーター付きメーター

MTなのにタコメーターが無いのはなんか寂しい。

調べてみるとムーブのメーターがどうやらほぼ同じ様に使えるらしい。そこでちょっと前からヤフオクで探してたが、今回で比較的安いのが落札できたのでやってみた。

画像は拾いもの

ぱっと見デザインは似てる。付け替えるだけなら簡単。

元々のやつ。

めくってみたところ。コネクタを刺すとこは同じ。

ただ取付の爪の場所が違う。元のは左右下と上中央だけどムーブのは左右中央に二つで上なし。左右中央のを削って左右下だけで固定する。

あとオートマ用のだったのでメーター下部に

メーターを交換する上で一番の問題は走行距離が変わってしまう事。そのまま付け替えても面白くないので巻き戻してみることにした。

まあ中古で売ることもないだろうし改造するにしても落札したモノだから壊れたら元のに戻せばいいかと。

とりあえずバラしてみた。

画像は拾いもの。

ドラムの軸がプラスチックを溶かして付けてある。溶かして外さないとコマが動かせない。もとに戻しても溶かした跡が残るので悪用できない仕組みらしい。

画像は拾いもの

まあそんなこと関係ないので半田ごてを当ててプラを溶かして外した。

軸の両側に留め具があるのでそれを緩めるとドラムが回る。ドラムの中にオレンジの歯車が入ってて桁が変わるときに動くので、力ずくでドラム動かして回すと壊れるかも。

なんとか元の走行距離と同じくらいにセットしてはめ込み直し。

あとオートマ用だったのでメーター下のインジケータ中央にギア位置を表示する窓が付いてる。

画像は拾いもの

元のと入れ替えた。組み込んでランプ点灯チェック

画像は拾いもの

上の画像のようにエアバッグの警告灯がつきっぱなしになる。仕方ないので裏からその場所のLEDを外しておいた。

ひとまず完成。今度実際に走ってみて挙動をみる予定。

ミラバン ドラレコとバックカメラ

楽天ポイントの使用期限がまた近づいて来たので買おうかどうか迷ってたドラレコを購入。

ルームミラーに取り付けるタイプ。6000円

ペラ一枚の取説付き。

とりあえず設置して録画した動画を見てみたが、フルHDの設定だが正直画質は微妙。まあ事故った時に証拠が増える保険みたいなモノか。

で、本格的に取り付けを。

ドラレコは運転席下からピラーを通してコードを埋めてくだけ。電源はシガーソケットだけど、、元々USBのをソケット挿してるし二股使うとまたコードがごちゃごちゃするので隠そうかと。コードをぶった切って電源を取ろうかとも思ったが、シガーソケットで変圧してたらマズいのでシガーソケットはそのまま。

これをシガーソケット裏に付けてそこから電源を取る事に。電源だけ分岐させ、アースはオーディオ裏に固定。

コード余りまくり。まあ中に押し込んで隠すから問題なし。

次にバックカメラ取り付け。

ケーブルをルームミラーからリアハッチまで取り回し。

ケーブルの長さが割りとぎりぎり。これ普通車だったら足りないんじゃないか?専用のケーブルっぽいから延長しづらいし。

取り付け位置だけど、コードをナンバー灯の穴から取り出して両面テープで貼ってみた。

バックギアに入れるとモニターが全画面バックカメラの映像になって駐車用の補助枠が表示されるらしいので、バッグギア連動線を繋ぐ。

ランプ外してバックランプのコードに信号線を接続。アースはタイヤハウスのあたりにあったボルトに接続。

どんな感じか映してみた。

カメラの位置が高すぎるからなのか、画角が狭すぎるのか、後ろの車が見れる様にカメラを上げると駐車時に地面が映らない。

まあ小さい車だし駐車で困ることはまずないので固定する時にまた角度を調整しようかと。

カメラを隠すため黒い取っ手?を削ってみた。

いい感じに隠れた。あとはカメラの角度を決めて固定するだけ。

精米機のタイマー故障

精米機のタイマーが壊れた。スイッチ入れると動作はするが一時間で切れるタイマーが動かず延々と精米し続ける。停めるの忘れて放っておくと米がすべて糠に。

今のところ携帯のタイマーで時間測って使う感じでまあちょっと不便になった。

どんなモノかガワを外して見てみた。懐かしの松下電工製。多分30年くらい前のもの。

とりあえずスイッチを取りはずして分解掃除か。それでもだめなら似たようなスイッチ買って来て交換しようかと。

まずは同じスイッチ売ってないか検索。しかし型番で検索しても見つからない。仕方ないので似たようなものを探してみた。

400円から4000円って差があり過ぎてよく分かんない。アナログなタイマースイッチってあんまり需要無いのか?

あと精米機のメーカー調べてみた。

カンリウ工業 現行のは10万くらい。

ヤフオクみると古い型だけど中古で7000円のが売ってる

スイッチ取り替えるより買った方が良いのかも。

今日スイッチを取りはずしてバラしてみたら、ゼンマイタイマーじゃなくてモーターだった事が判明。そしてメーター部分の歯車を壊してしまった。。。

更に間の悪い事にその後モーターがヤフオクで売ってるのを発見。型番の一文字目がかすれて見えなかったが、正しくは「TM2104001」だったらしい。

いまさら落札しても機械部分が壊れたので交換では修復不可能。もうこの際ON-OFFのスイッチにしてコンセントにタイマーでも付けてみようか。それともボロい扇風機とかオーブントースター辺りからタイマー剥ぎ取って流用するか。

結局タイマー買ってきた。

コンセントに刺して使うタイプ。1000円強。

その後、俺以外いまいち使い方が分かってない事が判明。ヤフーカード作ったら5000ポイントっていう広告に釣られてカード作成。高い方のスイッチ購入。

取り付けてみた。

パネルを縦にしてギリ取り付け完了。これなら爺さんでも使えるはず。

ミラバン リアハッチオープンスイッチ

 現状リアハッチを開けるにはエンジン止めてキーでリアハッチの鍵を開けてノブを回さないと開けられない。

キーレスで余ってるアクチュエータを使ってトランクを開けるスイッチを作って見ようかと。キーレスのコードをリアハッチまで持ってきてたけど結局それは使わずにもう二本コードを回した。

 キーレス設置の時に見た感じだとキーからロック機構までのロッドはロックされてると動かないので別のアプローチが必要。

とりあえずバラして構造を確認。

向かって左側のでっぱりを下げると開くらしい。車内にリアハッチオープンのレバーが付いてるモデルは車体側にこれを押すワイヤーが付いてるっぽい。これを動かせれば開けられる。

裏からみるとこれが向かって右に動いてる。キーから繋がってるロッドはこれを押して開けている。これをアクチュエータで引っ張ればロックしていても開けることができそう。

針金で金具を試作。

まっすぐ引っ張れば一応動く。が、引っかかるとこがないので何度も引っ張ったりひねったりするとすぐ外れる。

ここに穴を開けてワイヤーか何かで引っ張ればいいかも?

 外側は鉄板でガードされてて内側は入り組んだとこにあるのでまっすぐ穴を開けるのは難しい。結局針金でやる事に。どうにか外れにくそうな感じになったのでこのまま取り付けてみることに。どうせ自分用だし緩んだらまた直しゃいいかと。

こんな感じでアクチュエータ取り付け。緑と青のコードを入れ替えるとモーターの動く方向が変わる。この場合は引っ張り方向で繋いで動作確認。運転席足元でマイナス側を分岐させてボタンを接続。

ドリルで穴あけたあとはめ込んで完成。

ワイパー用の穴が空いてたのでそれを隠すようにLEDランプ設置してみた。リアハッチを開けたときにちょうど足元からハッチ内まで照らしてくれる。

配線は超単純。まだリアハッチ内に何か着ける余地がある。シガーソケットかUSBでもいっとこうか。使わなそうだけど。

あとつけられるってか付けたほうが良さげな電装品はドラレコとETCぐらいか。

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ミラバン キーレスエントリー アンサーバック編

アンサーバックに挑戦

まずはハザードのコードを探す。

メーターのカバーを外してみた。ホコリが溜まってるのでとりあえず拭いた。ただのカバーで何も無い。

ハンドルの下のネジ(5個)を外してカバーを取り外し。

奥にカプラが2つ3つ付いてるが、適当に抜いてハザード押してみたらどうやらこの10pinのがそれっぽい。刺さってないと動かないから。

とりあえず写真にとってどのコードなのかを調べることに。

色々調べてたらヒューズボックス横の青いカプラでいけるとあった。

http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/1691362/car/1255010/3390090/photo.aspx

試しにコレを抜いてハザード押してみると、後ろだけが付かなくなった。ハンドルのところは狭いし最悪後ろだけでもいいか、とも思った。

ミラバンもミラジーノもガワが違うだけで中身はほぼ同じっぽい。こっちにはエアコンパワステ以外快適装備は何も無いが。

ネットで調べるだけじゃあんまりよく分かんなかったので車屋の友人に頼んで回路図見せて貰った。

ハンドルに付いてるEtってカプラから出てる緑と緑黒のコードがそれぞれウインカーの右と左だと分かった。

EtとEuの2つがDxでまとまって、それがヒューズボックスの裏にあるJaに行ってる。

なので緑と緑黒のコードにキーレスのコードを割り込ませればいいっぽい。

ハンドルに刺さってるEtがこれ。なんか緑のコードが何本もあるんですけど、、、

ハンドル下のこれら多分このどれかがDx。

図面によるとEtの3がDxの4に繋がってる緑、Etの5がDxの4に繋がってる緑黒がそれ。

どうにかそれらしきコードを発見。これにキーレスからのコードを繋ぐ。

アンサーバックのコードは二本あって左右二本繋げば完成だけど、ブザーも付けたいので、一本のコードから左右二本のコードに接続することに。

2本を1本にまとめて直接繋いじゃうとウインカー点けたときに両方点く事になるので宜しくない。

 そこでこれを噛ませてみる。

バイクのメーターを変えてメーター灯をLEDに変えたときに使った整流ダイオード。電気が一方向にしか流れない。

こんな感じでコードを繋ぐ。

一応現状復帰可能にしておきたいのでギボシ端子で繋ぐ方向で。

試しに繋いでみたが光らない。ダイオードの方向が逆だった。。。

取り付け完了。コントロールユニットは結局キックパネルの中に付属の両面テープで貼り付け。

次は余ってるアクチュエータを使ってトランクオープンスイッチでも作って見ようかと。

税金来てた。6000円てロードスターと一桁違うって…

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

rakuten

プロフィール

排骨

Author:排骨
自力で何とかする。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Rakuten
Amazon